Kiroro

安室奈美恵が若い女性のアイコンとなり、DA PUMPが一世を風靡していた1990年代後半は、沖縄出身のアーティストが大きな注目を浴びた時代でした。そんな沖縄出身アーティストの中で、実力派シンガーソングライターとして人気を博した女性デュオが「Kiroro」でした。ボーカル玉城千春の透明感あるボーカルと、金城綾乃が奏でる美しい鍵盤の音色で、彼女たちは瞬く間に人気を博し、メジャーデビュー曲「長い間」は、オリコンシングルチャート1位を獲得。年間ランキングでも6位を記録したのです。

代表曲「未来へ」

「Kiroro」の2枚目のシングル曲となった「未来へ」は、日本ではデビュー曲を上回る売り上げを得ることができませんでした。しかし、東南アジアのブルネイ、マレーシアでこの曲は大ヒットを記録し、その普遍的な美しさを証明したのです。