PUFFY

それまでの女性デュオの概念を覆し、その後アメリカでも人気を獲得することになるエポックメイキングな活躍をしたのが「PUFFY」です。彼女たちはアイドル然としたキャラクターを売りにせず、等身大の若い女性というイメージを前面に押し出すことで、若者から圧倒的な支持を得ることになりました。その革新性は、元UNICORNの奥田民生による全面プロデュースの賜物でした。現在も彼女たちらしい「ゆる~い」活動を続けていて、もちろんオフィシャルファンクラブも活動中です。

代表曲「アジアの純真」

あまりに個性的で衝撃的な「PUFFY」のデビュー曲がこの「アジアの純真」です。井上陽水の書く奇妙な歌詞世界が、これほどマッチする女性たちは彼女たち以外いないと言い切れるほど、それほど全てが完璧に仕上がった1曲なのです。