「まなざしはブルー」コメント

泣きながらコメントを書いている。
ヒナタとアシュリーが、超えてきた。

何を?それはあまりに大切な何かで、言葉にできないから二人は音楽を作ってんだよな。

音楽的新鮮な発見(=ヒナタとアシュリーのコード進行とメロディの絡み方は本当に独特で美しい、誰にも似てない)と、泣きたくなる懐かしさ(=同時に多くの人の心にスッと染み込むようなポップネスもある)が共存している、これがヒナタとアシュリーのオリジナル。

そして、日本人の細胞に訴えかけるミユの声。感性を親切に人に届けるトヨシの音。

これ、好きじゃない人いるの?
私はめっちゃ好きです。

つるうちはな/音楽家・花とポップス代表